どんな違いがあるの?育毛剤とAGA治療クリニック | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

どんな違いがあるの?育毛剤とAGA治療クリニック

AGA治療とは?

最近髪が薄くなってきた、そんな悩みありませんか。そんな時に思い浮かぶのが育毛剤だと思いますが、AGA治療を受ける方も増えてきています。AGA治療とはなんなのか、わからない方も多いと思います。

AGA治療には、植毛などの外科的治療や薬剤を塗る外用療法、薬剤を服用する内服療法があります。治療法を誤らなければ、薬剤を使った治療は比較的高い効果が期待できるものになっているという特徴があります。ストレス解消や生活習慣の見直しなどと並行して、薬剤による治療を進めるのが一般的です。

育毛剤とAGA治療の違い

育毛剤とAGA治療に共通しているのは、即効性はないということです。どちらも、3か月~半年はじっくり育毛に取り組むことが必要になります。では違いはなんなのでしょうか。

効果

まず、効果の違いがあります。AGA治療に用いられるものは発毛剤で医薬品、育毛剤は医薬部外品または化粧品などになります。発毛剤は毛を生やす効果のあるもので、育毛剤は今生えている髪を強くするためのものになります。(サプリメントのようなもの)

治療方法

そして治療方法の違いもあります。AGAクリニックでは、ミノキシジルという発毛や育毛を促すものとプロペシアという薄毛の進行を止める薬を服用します。また、費用が高額になりますが植毛などの外科的治療も選択できます。(植毛を行っていないクリニックもあり)対して、育毛剤は頭皮に塗るのが一般的です。

費用

次に費用の違いがあります。育毛剤は、月にかかる費用が大体1万円以内で済むのに対し、AGA治療の方は発毛を狙った場合月に3万円ほどかかります。薄毛の進行を止めるだけであれば育毛剤と大差ない費用ですので特別高価な治療というわけではありません。

副作用

副作用という点にも違いはあります。AGA治療で使われる内服薬には副作用が出るものもあります。性欲減退や倦怠感などが挙げられますが、発症率は高くありません。市販の育毛剤には副作用はほとんどありませんが、肌に合わないと痒みなどが出ることもあります。

こんな人には育毛剤がおすすめ!

育毛剤は、最近髪のボリュームが少なくなった、少し地肌が目立つようになったなど、少し気になるぐらいでまだ進行していない薄毛の方におすすめできます。育毛剤は現在生えている髪を太くしたり、頭皮の環境を良くするためのものですので、薄毛予防をしたいと思っている方には効果があると思います。また副作用もほとんどありませんので、副作用の心配がある方はこちらを試してみてもいいかもしれません。

また、薬局などで買うことができますのでクリニックに通う手間がなく自宅で育毛できます。まとめると、まだ薄毛が進行しておらず手軽に薄毛予防したいという方には、育毛剤をおすすめします。

こんな人にはAGA治療がおすすめ!

一方、すでに薄毛が進行してしまっている方にはAGA治療がおすすめです。育毛剤と違い発毛効果のある外用薬を処方してもらえますので、効果が比較的高いというのもポイントになります。また、AGAクリニックには専門医がいますので、専門的な治療を受けることができます。副作用などが出た場合も、相談出来ますので安心ですね。クリニックに毎月通う必要がありますが(程度によっては2ヶ月に1度など頻度は変わります)、薄毛が目立つ、頭皮がかなり見えるほど進行してしまっている、などであれば、AGA治療を選択した方がいいでしょう。

自分に合った薄毛治療を!

ここまで見てきたように、育毛剤とAGA治療はその症状によって使い分けることが大切なのです。薄毛予防をしたいのなら育毛剤から始めて、すでに薄毛が進行している場合はクリニックでのAGA治療というのが効果的です。しかし、それぞれにメリットデメリットがありますので、どちらが自分に必要か、どちらがより効果的なのかをよく検討してみてください。AGAは進行するものです。気がついた時に早めの対策、治療をしましょう。

当サイトおすすめの京都のAGA治療院に関する情報はこちらから




このページの先頭へ