クリニックでのAGA治療に伴う効果とその注意点とは何か | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

クリニックでのAGA治療に伴う効果とその注意点とは何か

世の中の男性には若くして薄毛症状に悩まされている人も数多く存在することでしょう。ひとたび薄毛に見舞われると外見的な印象を大きく変わりますし、コンプレックスやストレスを抱えることによって性格にまで大きな影響を与えることもあります。そう言った事態を回避するためにもまずはしっかりと原因を特定し、治療に励むことが大切です。

中でも最近特に注目を集めるのがAGAという症状。これは男性ホルモンが身体の中を循環する際に、頭皮に存在する特徴的な酵素と反応し、その反応によって生成されたDHTという物質が頭髪のヘアサイクルを狂わせて抜け毛を進めていくという病気です。

このAGAは遺伝による発症率も大きいと言われており、特に母方から受け継ぐ遺伝子には毛乳頭の中でDHTを鋭く感知する機能が搭載されていることがあり、これによってDHTを見つけるとすぐにヘアサイクルが成長期から退行期、そして休止期へと移行してしまうのです。

この症状を改善するにはクリニックでのAGA治療が効果的とされています。AGA治療は最近だと内科や皮膚科、外科などでも受けられますが、他にも美容クリニックや薄毛治療専門クリニックなどでも処置してもらえます。

ここでの主な治療法としては飲み薬と塗り薬によるものが一般的。この飲み薬は頭皮上の特徴的な酵素の活動を抑える成分を含んでおり、この作用が続くことで徐々に男性ホルモンと合わさってDHTを生成する分量が減少していきます。こうして乱れていたヘアサイクルが正常化することによってAGAは徐々に改善されていくのです。

ただし、この飲み薬を服用する際には注意点もあり、男性ホルモンへの影響もあって勃起不全や性欲減退という症状や、あるいは肝機能障害などの副作用を発症する人もいるようです。
もしも服用中に何らかの違和感を感じた時にはすぐに医師に相談するようにしなければなりません。

また、AGA治療には塗り薬も重要です。とりわけミノキシジルを含む塗り薬は頭皮の毛細血管を拡張させて血流を増加させるとともに栄養分の補充も促します。

こうやって頭髪の成長に必要な栄養分がしっかりと補充されることで勢いを失っていた髪を活性化させることができるのです。

ただしこの塗り薬の使用にも注意点があります。

ミノキシジルは血圧を下げるといった働きもする為、もしも低血圧症の人がこれを使用すると血圧が下がりすぎて血管や心臓にダメージを与える可能性が生じるのです。

また、他にも動悸や息切れ、性欲減退、ニキビ、発疹、鬱症状などの副作用を訴える人もいるようですので、経過をよく見て使用を続けなければなりません。



このページの先頭へ