AGAの治療薬である「プロペシア」を服用した際に起こりうる副作用などについて解説 | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGAの治療薬である「プロペシア」を服用した際に起こりうる副作用などについて解説

髪や頭皮について悩みを持つ人は日本人の5人に1人と言われており、近年では女性でこの悩みを持つ人が多くなりました。
抜け毛や薄毛に関して大きく作用する原因として、男性ホルモンの影響は非常に大きな部分を占めていると言われています。
ここで、男性の薄毛や抜け毛について説明してみます。

男性の薄毛や抜け毛が進行するメカニズムについて

男性ホルモンといわれるテストステロンという物質が体内で分泌されるとます。
男性ホルモンがいかにも悪いものと考えられがちですが、テストステロンは睾丸で95%、副腎で5%が生産されますが、このテストステロンンは男性の筋肉や身体をつくる重要な物質であり、ただ、5αリダクターゼという還元酵素により、テストステロンと結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)という物質に返還され、ジヒドロテストステロンに返還される際に薄毛が進行すると言われています。

薄毛の進行は、生え変わりのタイミングで新生毛が徐々に細くなり、毛周期(ヘアサイクル)が短くなることで毛根や毛乳頭が弱り、徐々に薄毛が進行するということになります。

髪の成長を妨げる要素に皮脂分泌により毛穴を塞ぐことが関係しているようですが、これに関しては当然の事ながら個人差があるようです。

いずれにしても、テストステロンが代謝するタイミングで薄毛を進行させることが間違いない事実としてあります。

男性の薄毛改善に開発されたのがプロペシア

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用されますが、プロペシアの効果と副作用について触れてみましょう。
プロペシアの開発によりAGAの悩みを持つ人に希望を与えたのですが、この薬剤が西洋医学の観点であるが故に副作用の懸念は否めません。

副作用の代表的なものは性機能障害

薬効を得るために副作用を受け入れるわけにはいきません。
その他にも、胃のむかつきや不快感など消化器系への副作用やほてりなども報告されています。
しかしながら、AGA治療としてこの世に出た以上、AGA改善を目的とし、副作用を抑え、主作用を高める医療でなければいけません。

処方してくれる病院選びは慎重に!

AGA治療を行う医療機関には、専門医院と一般医院があります。
専門医院では、薄毛のタイプを判断し、遺伝子検査や毛質検査、血液検査などが行なわれ、患者さんに合った治療となります。

投与するプロペシアの量や摂取のタイミングなどが十分に考慮され、主作用が高まるように治療のコントロールが行なわれます。

万が一副作用が出るようなことがあれば、早期でそれを判断し、主作用のみを高める治療が行なわれるでしょう。

どちらも薬剤使用を止めると治まると言われていますが、主作用も治まるため、徐々に薄毛に戻ることがあります。

専門医は、発毛確認後に薬を止めても元に戻らぬように体質改善や生活習慣の見直し等の説明もされるため、安心して治療を受けられるでしょうが、自由診療であるAGA治療で大きな料金負担が強いられるため、予め負担金額を確認しておく必要があるでしょう。



このページの先頭へ