女性のAGAの特徴について解説 | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

女性のAGAの特徴について解説

男性型脱毛症であるAGAは、文字通り男性に多い「男性ホルモン」が大きく影響する脱毛症です。しかし、特徴は違いますが女にも起こる脱毛症で、男性のAGAと区別するために「女性男性型脱毛症(FAGA」と呼ばれることもあります。
大きな特徴として、男の脱毛症の場合頭頂部と髪の生え際などの局所的に薄くなっていくのに対し、女の場合には頭髪が細く弱まってしまい髪の毛全体が薄くなっていきます。また、男の場合には放っておくと留まることを知らずにどんどんと最悪な状況へと進行していってしまいます…が、女の薄毛は基本的にはそのようなことはなく、これは女性ホルモンは減少するものの、一定の量は分泌されているためだとされています。

男の薄毛は、男性ホルモンが毛根にある毛乳頭に入り込み、ジヒドロテストステロンに姿を変えてこれが毛母細胞を攻撃し、活動を阻害してしまい髪の毛に栄養を送らなくなるなどしてしまうことで発毛を妨げたり、毛周期を乱れて成長期を短くして髪が長く太く育つ前に抜けてしまうことで薄毛となってしまいます。

この仕組みは女のAGAでも同じです。女の体内でも男性ホルモンは存在しており、男性ホルモンが髪の毛の発毛や育毛を妨げてしまいます。しかし、男性に比べて毛髪を育てる働きのある女性ホルモンの分泌量が多いため薄毛や抜け毛が起こったとしても進行は緩やかでほとんど気になることもなく、ホルモンの分泌が盛んに行なわれている場合には問題なく髪の毛が発毛して成長していきます。しかし女性ホルモンが加齢とともに減少してしまったり、ストレスや不規則な生活、過度なダイエットなどによってホルモンバランスが崩れることによって、男性ホルモンの影響が大きくなっていってしまい薄毛を発症してしまうメカニズムが起こりやすくなってしまうのです。

抜け毛が増え、髪の毛が細くなってしまった気がする、と言った場合には病院などにいくよりも、まず日常生活のさまざまな習慣を見直すことが大切です。過度なダイエットを止めてきちんとバランスよく栄養を取れる食生活を心がける、ストレスを溜めないようにリラックスできる工夫をする、十分な睡眠をとりながら、アルコールの摂取は適度にし、髪の毛に悪影響のあるタバコを控えるなどが重要となります。

また、正しいシャンプーをしたり、血行を良くする頭皮マッサージを行なう、ドライヤーの使用に注意したり、ヘアカラーやパーマを控えて頭皮に負担をかけたりしないようにすることなども薄毛のケアには有効です。



このページの先頭へ