AGAかも?と悩み出したら先ず始めることについて | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGAかも?と悩み出したら先ず始めることについて

男性型脱毛症のことを、通称『AGA』と呼びます。Androgenetic Alopeciaを略した言葉です。最近ではマスコミや雑誌やインターネットなどにも取り上げられていますので、「エージーエー」という言葉を一度くらいは聞いたことがある人も多いでしょう。

AGAを発症している人は、全国で1260万人といわれています。これはつまり、20歳から69歳の約三人に一人が薄毛の症状に悩んでいるということです。

平均的には、40代くらいから髪の毛は薄くなってくることが多いですが、近年は、現代人の食生活の乱れや、精神的なストレスのせいもあってか、20代からの薄毛も増加傾向にあります。

薄毛の原因は人それぞれ

男性の薄毛の原因がすべて、AGAというわけでありません。ホルモンの乱れや、心理的なものや、薬の副作用などなど…薄毛の原因はそれぞれです。

基本的には男性の薄毛の場合、二つのパターンに分けられます。額の生え際からズンズンと後退し禿げていくパターンと、頭頂部から薄くなっていくパターンです。

AGAの原因はまだ詳しく解明されていませんが、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが直接的に関わっていることは間違いないといわれています。

もしも、AGAが原因による薄毛であれば、それは進行性であり、自然放置しても治ることはありません。治療するためには、日頃の生活習慣を見直すことも大切ですが、AGA専門のクリニックに通うことが最も効果的と言えるでしょう。

そういったクリニックではAGAについての無料カウンセリングをおこなっていますので、興味がある方は専門家に相談するところから、まずは始めるべきでしょう。

毛母細胞を元気にするために

そもそも、髪の毛というものは、毛母細胞が分裂することで作り出されます。つまりこの細胞が活性化すると、より多くの髪の毛が作り出されます。しかし逆に弱まってしまうと、それが薄毛になっていくのです。

…ということは、毛母細胞を元気にしてあげれば、自分なりのAGA対策もできるということです。それは特別むずかしい方法ではありません。普段からの習慣を気をつけていれば効果は実感できます。

頭皮の血行を促進させよう

まず、頭皮の血行を促進させることです。頭皮に血液がまわりにくくなれば、毛母細胞にも充分な栄養が届かなくなります。そうならないためにも、頭皮をマッサージする習慣を持ちましょう。

特にお風呂に入り、シャンプーなどで髪の毛を洗う際は、指の腹で入念に頭皮をもみほぐすことをこころがけてください。血管適度に刺激して、流れる血液の量を増やし、毛母細胞に栄養を送ってあげてください。

運動不足はハゲ予防の大敵

さらに運動不足も大敵です。これにいたっては頭皮だけでなく、全身の血液の流れを悪くしますから、毎日、少しでもいいので適度に運動するようにしましょう。特にふくらはぎの筋力は大事です。この部分が血液を全身に送るためのポンプの効果を発揮します。

AGAの専門医に診断してもらいましょう

気をつけなければいけないのが、毛母細胞は一度死んでしまうと復活しないということです。弱っている程度なら、専門のクリニックなどの治療により、活性化させることも期待できます。見た目が禿げているからといって、細胞が死んでいるとは限らず、細胞が生きてるのかどうかは、専門的な方法でしか調べることができません。禿げてしまった人も、あきらめずに、専門家に診断してもらってみましょう。

たとえ毛母細胞が死んでしまっても、ほかの元気なところの細胞から移植する治療方法もあります。(※自毛植毛と呼ばれています。)専門の器具を使い、自分の元気な毛を、禿げてしまった部分の皮膚に移植手術をします。こういった手術は保険適用外となってしまいますので、治療には全部でいくらかかるか等、こちらも事前に無料カウンセリングにて専門家から説明を受けておくべきです。



このページの先頭へ