AGAにかかった治療費は医療費控除で返ってくる? | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGAにかかった治療費は医療費控除で返ってくる?

確定申告の時期になると、医療費控除に悩まされることがあります。病気やケガによって1月の始めから12月までの1年間に支払った治療費は、1家族に対し10万円以上であれば確定申告の際に医療費控除を申告することで税金が返ってくることがあります。しかし、どんな治療費に対しても返ってくるわけではなく、ある程度の基準に則った計算で行われます。

基本的には、病院で支払った診察代や薬代、病院に通うために支払った交通費、ドラッグストアなどで購入した風邪薬などは対象とされ、逆にインフルエンザのために受けた予防接種や購入したマスクなどは、予防目的のために対象外とされます。

メガネやコンタクトなどの矯正するものについても、その殆どが対象にはならないようです。大まかに分けると、治療か予防となりますが…。

ではAGAにかかった治療費はどうなるのか気になる人も多いはずです。AGA治療と言えば医薬品を使った薬物療法や、発毛を促すためのメソセラピー、様々な方法での増毛といったものがあります。

とにかく実費となる範囲が大きく、1回の治療でもまとまった費用が必要なことも多く、経済的な負担となっているのは事実です。AGAで治療を受けると、健康保険が適応されずに自由診療となりますが、これは髪の毛を取り戻す行為が美容目的と捉えられているからです。

しかし、自由診療だからといって、医療費控除の対象から外されるのかというと、そんなことはなく、正しい手順で申告すれば控除の対象に入るものもあります。

例えばEDの治療薬などは、自由診療になっていますが、EDを治療目的で行われることから、医療費控除の対象となっています。

そのため、AGA治療ではその目的が治療であるかどうかが判断する材料となるので、増毛やメソセラピーといった方法は完全に髪の毛を増やす目的であることから、治療とは考えられず控除の対象とはなりません。

しかし、医師に処方された治療薬であれば、ほとんどが治療目的であると判断され控除の対象に入ります。

特に薬事法で定められた医薬品は、医師が診察して必要であると判断された処方薬なので、後は薬を治療目的で使用しているのであれば医療費控除の対象となります。

しかし、実際には判断が曖昧なところにあるので、最終的には税務署や職員の判断によって決められることが多いので、確実に申告するためにも、まずは最寄りの税務署に連絡して確認してみる方がいいでしょう。



このページの先頭へ