AGAの原因である男性ホルモンへの対処方法 | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGAの原因である男性ホルモンへの対処方法

AGAの原因は、一般的に遺伝やストレス、環境のほか男性ホルモンの影響によって起こると考えられています。

男性ホルモンは毛乳頭に入り込むことで「ジヒドロテストステロン」という物質に姿を変え、これが毛乳頭で発毛するメカニズムを攻撃することによって発毛を阻害してしまい、ヘアサイクルを乱してしまうというわけです。

ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなってしまい、髪の毛が太く長くなる前に抜けていってしまいます。

髪の毛が十分に育たない、あるいは育っても細く短い髪が多くなってしまうことによって薄毛が目立つようになってしまいます。

何もせずに放っておくと進行してしまうため対策が必要です

原因は男性ホルモンですので、ホルモンの抑制が重要となります。

AGAを専門としている医療機関に行き男性ホルモンを良くしたり、頭皮の血行を良くすることのできるプロペシアやミノキシジルなどの育毛剤を処方してもらったり、成長因子や育毛剤などを注射器を使って直接体内に注入するなどの治療を行なうことができます。

しかし、医療機関での治療は自由診療のため保険適用外のため、全て自己負担で治療費が高いと言うデメリットがあります。

睡眠時間の確保は髪の確保と心得よ

自分で対処したい、と言う場合には、髪の毛が成長する時間である夜10~2時の間にしっかり睡眠時間を確保することで、ストレスの軽減や皮脂の分泌を抑えることができるようになります。

早寝早起きを心がけることで、自律神経が整い必要以上の男性ホルモンを分泌することが無くなります。

運動不足解消は髪不足の解消と心得よ

有酸素運動も効果的だとされており、毎日一時間ほど行なうことで汗と一緒に毒素も抜けていき、頭皮への血行も良くなります。

食生活の見直しも髪の毛へ影響する

糖質や脂質の多い食事は、皮脂を分泌させてしまい頭皮の詰まりの原因となってしまいます。そのため糖質や脂質を控えて、ビタミン類やミネラル、良質なタンパク質などをバランスよく摂取することを意識します。

その他、心得ておくと良いこと

髪の毛を育てるためには、頭皮環境も重要なため、低刺激なシャンプーで正しいシャンプーや頭皮マッサージで血行を良くしていくことも発毛や育毛には効果的です。

過度のアルコールは栄養を吸収しにくくしたり、タバコは頭皮の血管を収縮させてしまうため避けることをおすすめします。

当サイトおすすめの京都のAGA治療院に関する情報はこちらから




このページの先頭へ