AGAは不治の病?!薬を辞めたらまた抜け毛が酷くなるって本当? | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGAは不治の病?!薬を辞めたらまた抜け毛が酷くなるって本当?

30年前は癌が不治の病と言われた病気でしたが、現在では早期発見が可能となると、救える命が多くなり、また、放射線治療や化学療法の目覚ましい効果が出るようになり、癌であっても治る時代となりました。
医療では健康保険が適用され、命に係わる疾病や健康を損なうような疾病に対して適用されるもので、それと関係が無い治療を自由診療としていました。
例えば、美容整形やAGA治療です。

AGA治療は、前立腺の疾病や高血圧等の治療から副作用として現れた発毛を主作用としての研究が進み、自由診療として治療が受けられるようになりました。
毛髪再生は、育毛剤研究や育毛サロンなどで長年、研究や開発がされていましたが、遺伝的要素に関してこれを覆すことが難しく、何らかの要因により一時的に進行した薄毛には効果があるも、遺伝的要素への効果がほとんどないのが育毛市場でした。

薄毛は、原因が人それぞれで、臨床の乏しい育毛剤の効果を十分に得ることが難しく、また、非常に高い費用が掛かることも消費者として負担が大きいものでした。
西洋医学で用いられる薬は、診療試験を重ね治験後に、治療に使われるため効果が高く、また副作用が出ることがあり、その懸念もすべて医師や薬剤師により説明がされた後に処方されます。
医薬品処方後に副作用が現れたような場合は、医師により副作用の現れ方を確認し、その後の治療で薬剤処方のコントロールが行なわれ、副作用を抑え込んで主作用を高めるという治療が行なわれます。
薄毛や抜け毛の改善を治療として考えるようになり、AGA治療が行なわれるようになると、「ハゲ」という概念が治らないと考えられていたのですが、「ハゲは治る」と考えられるようになりました。
今までハゲが不治の病であったのですが、ハゲに悩んでいる人でも光が見えるようになりました。

ただ、AGA治療は強制的に髪が生える環境を作るもので、そのためにAGA治療薬が処方されるのですが、よく、治療を中止すると再び、薄毛へと戻り、酷くなるということがささやかれています。
確かに、薬剤により効果を得る場合、使用を中止すれば効果がなくなることは確かです。

ただ、髪が成長する環境を整え、その後代謝を高め、治療を徐々に少なくしながら自然に髪が生える環境を作ります。
専門クリニックでは、検査を十分い行い、その後発毛治療がスタートすると、効果が現れるまで医師の監視のもと継続され、効果が十分に現れると治療のペースを緩めます。
その時に効果が衰えないように食生活の指導や生活習慣の指導などもしっかりと行なわれ、髪の成長に不可欠な栄養素の指導やサプリメントの摂取などの指導が行なわれます。
現在は、内科などのクリニックでもAGA治療は行なわれますが、医療にはそれぞれ専門分野があり、専門的知識で治療を行うのではなく、一般的考え方で治療が行なわれるため、治療を中止すると髪が抜けで酷くなるということがあるのです。

専門クリニックでは、患者の薄毛のタイプをしっかりと分析し、その後の治療で効果が出やすい方法や、治療後の薄毛進行を抑え、高い効果を出しそれを維持するという考えで治療が行なわれるでしょう。
不治の病と考えていた薄毛で悩む人は専門クリニックへ相談してみると良いです。

この治療が自由診療であることから、予め治療の方法やそれに掛かる費用をしっかりと確認していおくことが重要で、ホームページを公開しているクリニックを調べると良いでしょう。
また、メールや電話による質問が出来るようならなおいいでしょう。

さらに、この治療を受けるには患者への配慮がされていなければいけないため、プライバシーに関する配慮が行なわれているかの確認もしましょう。



このページの先頭へ