AGA治療が向いてる人・向いていない人の差とは? | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGA治療が向いてる人・向いていない人の差とは?

近年、AGA治療として医療による薄毛や抜け毛などの髪に関する悩みを解消する方法で治療が行なわれるようになりました。
医療機関でのAGAの治療方法は、薬剤による治療方法でミノキシジルやフェナステリドを用いた治療が主となります。
ただ、医療機関でこの治療を受ける際に、専門クリニックと一般病院とがあり、どちらも薬剤処方での治療となります。
では、2つの医療機関の差とは何かと言えば、専門クリニックでは、実際に薬剤処方となる前に専門的検査や薄毛や抜け毛のタイプと原因の究明などがしっかりと行なわれた後、AGA治療開始となります。
AGA治療に用いられるフェナステリドは日本での商品名プロペシアとして販売されています。
プロペシアは前立腺肥大症を治療する為の薬として開発され、これを投与した患者の多くに発毛が確認されたことから、いわゆる副作用による発毛を主作用として考えるようになったことから開発が進んでものです。
プロペシアはAGAに高い効果を発揮すると言われながら、20%程度の人にこの治療効果がないということもあります。
効果がない理由に、薄毛や抜け毛はその人その人によってタイプが違い、その原因を突き止めることで改善を図ります。
原因物質を遮断すれば健康でしっかりとした髪が生えてくる可能性が高くなるのですが、原因がつかめていなければ、いくらプロペシアを使用しても発毛が確認できないこともあるでしょう。
薄毛の原因で一番大きな割合を占めると考えられているのが、遺伝的要素です。
遺伝的要素は、毛穴の奥の毛乳頭部分に脱毛酵素(5αリダクターゼ)を多く分泌する体質を持つ人です。
また、元々毛根や毛根のある範囲が少なく、髪が細いという人もおられます。
男性ホルモンが薄毛を進行させると言われますが、男性ホルモンと言われるテストステロンに脱毛酵素である5αリダクターゼと結合する事でジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、それが血液に乗って体中を巡ります。
テストステロンは思春期以降の男性の身体を成長させるために重要な物質で、当然髪の成長にも必要となるのですが、脱毛酵素が結びつくことでジヒドロテストステロンと言う脱毛を引き起こす原因となる物質に変わってしまうのです。
一方、最近、頻繁に耳にする事も多くなりましたが、毛穴から分泌される皮脂が髪を塞いで髪の成長を衰えさせるということが原因となる人もおられます。
この場合、脂漏性脱毛症と言い、毛穴の奥の皮脂腺から分泌される余分な皮脂が毛穴付近で停滞し、酸化することで細菌の繁殖を進め、髪を細くし、徐々に髪が衰え、ヘアサイクルが短くなります。
皮脂腺が原因となっている脂漏性脱毛の人には、プロペシアが効かないことが多いです。
髪は毛母細胞の活性化により生えますが、毛母細胞の周りの毛細血管を拡張し、血液の流れを改善しないと毛母細胞の活性化とはならないため、プロペシアやミノキシジルといった、治療に使われる薬剤を選び、上手くコントロールする医師の判断が重要な鍵を握るでしょう。
一般病院の場合は、薄毛の症状のみを診て、薬剤処方をされ、専門的な検査や診断がされないため、効果が出ないことも多々あります。
また、AGA治療の懸念として副作用があり、副作用の代表的なものとして、性欲減退や性機能障害などがあります。
その他にも血圧上昇やほてり、動悸や発汗、吹き出物などもあります。
西洋医学につきものである副作用は予め、その可能性を患者に告げ、極力副作用が出現しないように薬剤のコントロールと、出現した際にそれを抑える医師の治療の適切な進め方が重要となります。
そのためにも、専門的知識の高いクリニックで受診することが良いでしょう。
副作用は全体の1%未満と言われており、原因究明が可能となればほとんどの人に効果があると言われています。

当サイトおすすめの京都のAGA治療院に関する情報はこちらから




このページの先頭へ