メカニズムを説明!AGA治療でみられる初期脱毛とは? | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

メカニズムを説明!AGA治療でみられる初期脱毛とは?

AGA治療で起こる初期脱毛とは何か?

AGA治療薬を服用すると、約1ヶ月過ぎから抜け毛が増えることがあります。これは初期脱毛と呼ばれる症状です。髪の毛を増やす目的で行っている治療のはずが抜け毛が増えるので心配になる方もいます。しかし、この初期脱毛は正常なサイクルに戻るために必要なことなのです。よって、初期脱毛が起こることは薬が効いていることになります。初期脱毛で抜けていく毛は、ヘアサイクルの乱れの時に生まれた毛です。これは、薄毛の状態になっている時期の髪の毛でもあり、丈夫な毛とは限りません。治療薬を飲むことで有効成分が効き、健康な毛へ生まれ変わる準備期間でもあるのです。

何故、初期脱毛が起こるのか?

AGAが発症して薄毛になっている時は、ヘアサイクルは乱れています。ヘアサイクルには新しい髪の毛が生えて成長する成長期、成長が止まる退行期、抜けるのを待っているのと新しい毛が生まれる休止期がありますが、乱れることで薄毛や抜け毛を起こしてしまうのです。成長期が短くなってしまうと、髪の毛は細くなり産毛の状態になってしまいます。細くて弱い髪の毛のことを弱毛と呼び、AGAを発症している人は成長期の短さが特徴です。

よって、弱毛だけが生えてきて成長するまでに抜けてしまいます。このようなサイクルを繰り返すことで、薄毛や抜け毛しやすい状態になってしまうのです。また、休止期の期間に毛根で新しい毛は生まれます。この休止期が短いと新しい毛が出てこないので、結果的に薄毛になってしまうのです。

AGA治療薬を服用すると、有効成分は毛母細胞に働きかけます。毛母細胞が急激に活動すると、休止期の髪の毛は通常よりも早く成長期に移行するので、古い髪の毛が押し出される形でどんどん抜けてしまうのです。これが、初期脱毛のメカニズムになります。薬の影響で一気に抜けてしまいますが、もともと弱い毛なので心配はいりません。その後に丈夫で健康な毛が生え始めたら、治療薬が効いたことになります。

初期脱毛の期間や長引く場合は

AGA治療で初期脱毛が起こる期間や量は、人それぞれです。一般的には、薄毛の量が多い場合に起こりやすく期間も長めに出ます。服用する薬やサプリメント、使用する育毛剤によっても変わりますが、通常の初期脱毛の期間は約1ヶ月~2ヶ月程度です。しかし、乱れた生活習慣や洗髪頻度が少なく衛生状態が悪い場合は、長引くこともあります。特に、頭皮に皮脂がたまった状態は避けるようにしましょう。基本的には、初期脱毛が起こってもそのままにして構いません。しかし、症状が長く続く場合や薄毛の改善が見られない場合は、専門医に相談するといいでしょう。

初期脱毛は効果が出る前触れ!

初期脱毛が起こると心配になってしまいますが、効果が出る前触れなので心配はいりません。AGA治療薬が効いている証拠と考えていいのです。薬の有効成分が毛母細胞に働きかけて成長を早め、弱い毛を押し出すことで初期脱毛は起こります。初期脱毛はプラスの現象と考えてよく、そのままにしても大丈夫です。初期脱毛が起こることを知っていれば、AGA治療をした時に抜け毛が増えても安心できます。是非、これを参考にしてみてください。

当サイトおすすめの京都のAGA治療院に関する情報はこちらから




このページの先頭へ