AGA治療には色々な治療タイプが存在します!あなたに合ったもの選ぶべきです | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGA治療には色々な治療タイプが存在します!あなたに合ったもの選ぶべきです

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で俗に言う、男性型脱毛症と呼ばれる薄毛・脱毛現象です。男性特有の脱毛現象ではありますが、すべての脱毛・抜け毛現象がAGAに当てはまる訳ではありません。

一般的には、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの減少や遺伝・加齢・ストレス・食事・生活習慣など様々な原因で引き起こされる症状です。また男性の中でも、若い人によく見られる脱毛タイプです。

AGAは、だんだんと額の髪が後退していき、頭頂部が薄くなっていくのが特徴です。それらのAGA独特の脱毛現象の進行を抑えたり、新たな発症を抑制し、早期治療を一人ひとりにあった治療を行う事で段階的に育毛へと導くのがAGA治療です。

AGA治療には様々な治療タイプが存在します

代表的な治療方法としては、HARG療法、 自毛植毛、メソセラピー療法などの治療方法があります。

これより下でその治療方法について説明してまいります!

HARG療法

発毛率が高い治療方法です。他の治療方法が脱毛する髪の毛の量を減らしたり、生えている毛を太くする事で全体のボリューム感を出すなど、どちらかと言えば対処療法に近い治療法と言えます。

それに対して、HARG療法は眠っている幹細胞を目覚めさせ、髪の毛の本数自体を増やす治療法です。具体的には、幹細胞から発毛に必要な成分を抽出したAAPEと育毛に働きかける育毛成分を調合した、HARGカクテルを頭皮に注入します。このような毛髪再生医療のHARGは、発毛率が高くその確率は発毛率99%となっており、ほぼ確実に発毛するという非常に確実性が高い発毛治療と言えます。

副作用などは特にないと言えますが、体質によっては治療時に痛みなどを感じる場合があります。

治療期間は、半年~1年程度で、通院の頻度は月1回程度です。8回前後をワンクールとしてそれで終了です。もちろんその後の経過観察などは必要ですが、定期的な通院は必要ありません。治療費用は、初期費用は120万円前後(約半年間 1クール)、年に1回行う長期費用(約5年間)は192万円前後となりやや高めの価格設定になっています。

自毛植毛

自分の後頭部に残っている元気な毛を薄毛部分に直接移植する治療方法です。医師が直接植毛する場合もありますが、最近は高精度な植毛ができる、アメリカ生まれの「ARTAS」と呼ばれるメスを使わない医療ロボットを使った植毛も行われています。

植毛は毛穴単位(グラフト)で行われます。日本人の場合は、平均で2本の髪の毛が出ているので、1グラフトは2本となります。またグラフトの事を株として表記するクリニックもあります。

この医療ロボットを使った場合は、ドナー採取(自分の髪の毛を採取する)と植毛は従来の人間の手による植毛とは違い、傷跡が残りにくく、傷の回復も早いのが特徴です。その為、他の治療法とは異なり目立ちにくく、自然な仕上がりになるので、植毛した事を周囲の人に疑われにくいです。

治療期間はほとんどの場合、1回で終える事が多いです。その後は経過観察や術後の手当のみとなります。

治療に必要な費用は、1本あたりの単価は500円前後、1株あたりの単価は900円前後、1000株あたりの単価は88万円前後、基本料などは無料のクリニックもあればそうでない場合もあります。有料の場合の相場は20万円前後です。

メソセラピー療法

薄毛になっている箇所にレーザーと超音波を使い、発毛や育毛に必要な成分を浸透させる治療法です。他の治療法と比べて、短期間で発毛効果が現れる傾向にあるので、薄毛治療はしたいけど植毛などに抵抗がある人に向いています。

一見、HARG療法と似ているように思えますが、HARG療法は発毛に効果的とされる、幹細胞から抽出した成分AAPEが入っている薬剤を注入しますが、メソセラピー療法はクリニックによって多少の違いはありますが、フィナステリドやミノキシジル、ビタミンやアミノ酸など育毛に効果があるとされている成分をブレンドした薬剤が使用されます。方法自体はほぼ同じです。

治療費用は、各クリニックによって若干の差はあるものの、初期費用(約半年間 1クール)に60万円前後、5年間にわたる治療を毎月行うと、600万円前後の費用が掛かります。治療期間はほぼ毎月の治療が必要になります。

まとめ

以上いくつかAGA治療法を紹介してきましたが、HARG療法は発毛に非常に効果があるとされていますが、費用がここで紹介した治療法の中で一番高いというデメリットがあります。

自毛植毛は費用はわりと少なく、治療期間も短くて済みますが、傷跡、抜け落ち、炎症など頭皮のダメージや手法によっては、傷跡が残ってしまうという難点があります。

メソセラピー療法は、費用が安く即効性も高めですが、効果が出るかどうか体質によって差があるというデメリットがあります。

どの治療法を選ぶにせよ、それぞれの治療法には一長一短があり、これが絶対正しいという方法は存在せず、まずはクリニックや病院などに通って医師と相談して、自分の体質と予算に合った治療法を医師と一緒に二人三脚で模索していくのがベストと言えるでしょう。



このページの先頭へ