AGA治療の新薬ザガーロとは? | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGA治療の新薬ザガーロとは?

AGA治療薬として2015年9月に厚生労働省から認可された新薬ザガーロは、「デュタステリド」を有効成分とした医薬品です。これまでの治療薬として択一となっていたフィナステリドから、新たな治療薬が発表され、薄毛の改善方法に選択肢が増えたことになります。

このザガーロは0.1mgと0.5mgの2つの規格が用意され、形状はカプセル錠で、これまでの錠剤とは違った趣となっています。

元々…このザガーロですが、「前立腺肥大症」を治療するための薬として販売されていたアボルブが、AGAの治療にも有効的とされ、適応症をAGAのみに絞って販売された薬となっています。

カプセルの色や形は異なりますが、中身は同じものなので、実際は名前だけが違うものとなります。乱暴な言い方をすれば前立腺肥大症が適応症とされていたアボルブに、適応がひとつ増えたものとも言えます。

新薬とはいっても元からある薬の適応症が変更されただけで、世界各国で販売されてきた実績もあり、副作用などの安全性についての問題は必要なさそうです。気になるのは薄毛の改善にどれだけ有効的なのかということですが、まず成分であるデュタステリドは、従来のフィナステリドと同じ5α還元酵素阻害薬として作用機序が同じとなっています。

AGAでは5α還元酵素と男性ホルモンのテストステロンが結びつくことで、原因物質のDHTが生成され、毛母細胞の受容体に結合することでヘアサイクルが乱れる結果、毛髪が抜けて薄毛が進行していました。

この阻害する酵素である5α還元酵素には1型と2型が存在し、従来のフィナステリドでは2型のみに作用していましたが、新薬のデュタステリドでは1型と2型の両方に作用することで、フィナステリドよりもDHTの生成を強く抑えられることから効果もより期待できるのが特徴です。

臨床試験においては、プラセボ、フィナステリド、ザガーロで効果を調べたところ、フィナステリドより1.6倍の発毛効果があったことが認められています。

用法用量としては1日1回を0.1mgもしくは0.5mgで経口投与し、フィナステリドと同じように毎日継続して服用します。副作用の症状や発生確率も似通っており、以前より指摘されていた性欲減退なども起こる可能性があると言われています。

さて、この新薬のザガーロですが、発売が延期されており、生産も止まっていることから、現在のところ発売時期が未定となっています。いつから販売開始となるかは、メーカーからの情報を待つしかないようです。



このページの先頭へ