AGA治療を始めるなら一刻も早く! | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

AGA治療を始めるなら一刻も早く!

早ければ思春期の頃から悩む抜け毛や薄毛は男性ホルモンが原因であるAGAであることが多いのです。その原因がはっきりと分かった今は治療法も確立し専門の病院もたくさんあります。

AGAは男性型脱毛症で、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンに変わることが原因です。ホルモンを変化させているものは5αリダクターゼという物質で前頭部や頭頂部に多く存在します。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを阻止してしまい、ヘアサイクルを乱してしまいます。毛には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり通常なら2年から6年ある成長期を半年から1年という短い期間に狂わせてしまいます。

成長期が短いのでせっかく生えてきた毛が十分に成長せず細くて短い毛の状態で抜け落ちてしまいます。そのため薄毛になってしまうわけです。

このように薄毛の原因が分かったために、対策、治療法としては5αリダクターゼのを抑制することや男性ホルモンの分泌を増やさないこと、また働きを衰えさせないよう毛母細胞にまでしっかりと血液をいきわたらせて栄養を与えることとなります。

そこでこれらの治療を行うために薬としてミノキシジル外用薬やフィナステリド内服薬が使われるようになりました。

この二つの薬については日本皮膚科学会が多くの臨床実験のデータをもとに効果や副作用について考慮され、Aランクに推奨されているものでAGA専門の病院で使われています。

ミノキシジルはもともと血管拡張薬をして使われていているもので外用薬として使うことで頭皮の血流を良くし毛母細胞に十分な栄養を届けることができるようにする薬です。

フィナステリド内服薬はもともと前立腺に使われる薬で男性ホルモンの分泌を抑えたり5αリダクターゼの出現を抑制する効果があります。

これらの治療薬を使うことによって毛母細胞の働きを悪くするジヒドロテストステロンの産出を抑え、発毛や育毛に必要な栄養分を毛母細胞に送り届けることができるようになり抜け毛予防や育毛効果を表します。

これらの治療薬は市販では販売されていなくて専門医による処方が必要になってきます。市販されている育毛剤やサプリメントにも薄毛予防に効果があるとされる成分が配合されているのですが、その成分に関するデータがまだ少ないために日本皮膚科学会が立証して高く推奨されているという成分ではないために効果がどのようなものかは定かではないというものがほとんどです。

しかし専門医で処方してもらう治療薬にしても市販されている育毛やサプリメントにしても即効性があるものはありません。続けることが大切になってきます。

そして抜け毛や薄毛の症状が出てまだ時間がたっていないほど修復できる時間は早いと言われています。長期間放置をして毛母細胞の働きがすっかり衰えてしまってから治療を始めるとそれだけ時間がかかってしまいます。

そして治療をはじめるなら、続けていれば高い確率で効果が得られると評判のAGA専門医での治療と処方される薬を使うことが時間と費用の節減にもなり結果が早く得られることでしょう。

このような理由で早めの対策、専門医への受診が大切になってくるのです。日本皮膚科学会がAGAの治療に安全で有効な成分を推奨して診療ガイドラインを出しているのは専門医だけでなく、薄毛に悩む人たちが治療法を選ぶときの指針となるためのものでもありホームページでも見ることができます。

そして治療とともに生活習慣にも気を付け、血流を改善させることも大切です。脂質や糖質を減らし栄養バランスを考えた食生活、しっかり摂れる睡眠、禁煙や禁酒、適度な運動、ストレスの発散など生活を見直して血流をよくすると体のためにも肌のためにも頭皮のためにもよい結果が得られます。

当サイトおすすめの京都のAGA治療院に関する情報はこちらから




このページの先頭へ