HARG療法という優れた治療方法について解説します | AGA京都|おすすめのAGA治療専門のクリニックを紹介

HARG療法という優れた治療方法について解説します

人間のからだの細胞のもととなる幹細胞は、組織の中心的役割を担っています。HARG療法では、幹細胞から抽出した発毛のために必要な成分を直接頭皮に注入することができます。注入されたHARGカクテルは、毛乳頭や毛幹を蘇らせて、毛母細胞を強く刺激し、発毛を促進します。

医療機関で行っている、最先端治療のHARG療法で期待出来る効果としては、まず発毛があります。その特徴は、抜ける毛を少なくしたり、生えてくる毛を強くするだけでなく、毛穴が見えなくても本来生えてくるはずの毛を発毛させる効果があり、高い発毛率があります。また、毛髪再生医療を認められた治療であり、細胞のもととなる幹細胞を活かし頭皮を若返らせて、発毛させることができます。

医療機関によっては、麻酔を使用することで、痛みをやわらげて眠っている間に治療が終わるなどの方法があります。そして、コストパフォーマンスにも優れています。治療期間は、ほとんどの方が半年~1年と短い期間です。治療期間が終わった後も、その効果を長期間持続することができます。

長い時間、または生涯薄毛治療を続けていくことを考えると、初期の費用は高額になりますが、長い目でみるとコストパフォーマンスに優れています。また、早い方では治療を始めてから約1ヶ月で発毛を実感することができ、発毛期間が速いです。

従来の薄毛治療では、男性と女性では、治療方法が違っていました。男性と女性では、薄毛の原因が異なるからです。特に男性の薄毛治療では、女性には副作用があったりと、女性には有効でないない場合がありました。しかしHARG療法では、からだの細胞のもとである幹細胞がもととなるため、女性にも効果が認められます。また、男性ホルモンの影響がでにくい女性には特に効果がでやすいとされています。

そして、HARG療法は2009年に開発されたものですが、その後、全国の医療機関で治療が行われるようになりました。これは、治療の効果が高く、患者の方に認められてきたからです。今では、全国で180院以上で導入されています。

人は、毛周期にはえる髪の毛が少なくなると、薄毛になります。HARG療法では、幹細胞から抽出したタンパクAAPPの中に含まれる豊富な成長因子が、全く髪の毛がない場所でも、毛母細胞があればその毛母細胞を刺激します。

休止状態の毛母細胞はその刺激により目覚め、正常な毛周期へと戻り、毛髪を再生させます。

また、ヨーロッパなのでは長い歴史もあり、その安全性は確立されています。治療方法としては、薄毛の状態を医師が診断し、最適な投与方法を選択したうえで治療を行います。

有効成分は、注射針によって直接頭皮に注入します。注射をする際、多少の痛みを伴います。医療機関によっては、痛みの苦手な方のために、痛みを軽減させる注入方法も用意している場合があります。

一般的に、3回目の治療ではほとんどの方が発毛を実感しますので、高い発毛率があるといえます。

当サイトおすすめの京都のAGA治療院に関する情報はこちらから




このページの先頭へ